解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2016年1月21日木曜日

アカハラ Turdus chrysolaus



 本県では、平野部で冬鳥として見られ、自然林、人工林、都市公園など広い範囲で確認されている。繁殖期は県西部の山地で少数が確認されている。しかし、囀りについては平野部でも4月から5月にかけて確認されていて、キョロンキョロンチリリまたはキョロロンキョロロンキョロロンなど澄んだよく通る声が特徴。
 比較的明るい林を好み、開けた場所にはあまり出てこない。主に地上で落ち葉を返したり地面を突いて昆虫やミミズなどを採食するが、木の実も好んで食べる。
 森林環境の衰退により生息地は減少している。