解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2016年1月21日木曜日

コチョウゲンボウ Falco columbarius






 ユーラシアと北米の一部で繁殖し、冬は南に渡る。冬鳥として全国に渡来し、農耕地や干潟などの開けた環境に現れる。本県では、冬鳥として渡来するが、観察機会は稀。多摩川河口での記録は比較的多い。オスの記録は非常に少ない。捕食例はセキレイ類が記録されているが、観察記録が少なく、生体記録も蓄積されていない。