解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2014年2月24日月曜日

ミツユビカモメ Rissa tridactyla

 ユーラシアと北米の亜寒帯域沿岸で繁殖する小型のカモメ類で、非繁殖期には主に外洋で生活する。成鳥では翼の先端が三角形に黒いこと、若鳥では翼の上面にW字型の黒い模様があるのが特徴である。くちばしは黄色く、黒い脚は他のカモメ類より明らかに短い。
 沖合の船からしばしば観察されるほか、稀に海岸に現れ、他のカモメ類の群れに混じって防波堤などで休息しているのが観察される。