解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2014年2月10日月曜日

イカル Coccothraustes personatus


 本県では留鳥として主に落葉広葉樹林の都市公園、丘陵地、山地などに生息している。津久井湖城山公園のように一年を通して記録のある場所は少なく、繁殖期のみ記録があって秋から春には記録の無いところ、逆に越冬期のみ記録のあるところもある。
 ムクドリ大の灰色の鳥で、頭部が黒く、嘴が黄色で太く目立つ。数羽から数十派の群れで樹の梢や地上で採食しているのが観察される。採食物は木の実、草の実、ケヤキの新芽、ヤマザクラの花芽など。採食方法は、エノキなどの堅い殻を太い嘴でパチンと割って食べる。樹冠部にとまってキーコーキーとよく通る声で囀る。