解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2014年1月29日水曜日

トラツグミ Zoothera dauma

 本県では一年を通して見られる留鳥である。繁殖期は主に箱根町、南足柄市、愛川町、津久井町、相模原市、厚木市、丹沢山地などの県西部で見られる。越冬期には平地や丘陵地の比較的薄暗い林を好み、県内の広い範囲で確認されている。
 囀りはヒー、ヒーまたはヒョー、ヒョーと口笛に似た細い声。採食は、昆虫、ミミズ、ムカデなどの動物質の他、植物質のヤブラン、イヌホオズキ、ヒサカキ、ヤブコウジの実などが記録されている。林床に降りて落ち葉を払いのけながら主にミミズを採食している様子が観察されている。