解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2013年10月19日土曜日

ジョウビタキ Phoenicurus auroreus



 本県では冬鳥として渡来する。10月中頃から4月はじめまで見られる。平地から山間部まで、県内の殆どの地域に分布し、林縁、公園、人家の庭など明るく開けた環境でよく見られる。
 越冬地では雌雄それぞれ一羽づつのテリトリーをつくる。地鳴きはヒッヒッヒッ、カッカッ、カタッカタッなどと聞こえ、渡来直後のテリトリー宣言の時期によく聞かれる。尾を頻繁に上下に振る行動もよく見られる。
 地上で昆虫やクモ類を捕食したり、ヌルデやカラスザンショウ、コムラサキ、ノイバラなどの果実を採食する。