解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2013年9月25日水曜日

アカエリヒレアシシギ  Phalaropus lobatus

 本県では春と秋に沖合の海上を通過するが、水田や河口などにも飛来することがある。水田では休息をしたり、円を描くように、クルクルと回りながら採食する独特な行動が見られる。こうすることで水の中に渦を起こし、浮かび上がってくる小動物を捕食している。足指にはヒレ状のものがあり、歩行は得意ではない。鳴き声はあまり聞くことはないが、飛び立つときにジェジェと鳴くことがある。また、タマシギの様に一妻多夫の繁殖形態を持つため、オスよりメスの方が鮮やかな色合いをしている。

神奈川支部HPへ