解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2013年9月16日月曜日

ツツドリ Cuculus saturatus


 夏鳥として丘陵地から山地の森林に渡来する。本県では相模川以西の山地に生息する。早いものは3月から出現し、遅いものは11月9日の記録まである。
 センダイムシクイ、アオジ、ビンズイ、オオルリなどに托卵するといわれているが、本県での繁殖は未確認である。
 記録の殆どが山地での囀りを聞いたものだが、秋の渡りの頃に平地の同じ場所に数日間滞在してガの幼虫を採食した観察例があった。他にガの成虫を捕食した記録もある。


神奈川支部HPへ