解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2013年7月31日水曜日

ムナグロ  Pluvialis fulva

 本県では春と秋の渡りの時期に水田や川原、干潟や砂浜などで見られる。比較的乾燥した芝生やグランドなどでも見られ、立ち止まっては採食し、また少し駆けていっては採食するという独特な行動がみられる。草の間を飛ぶ昆虫や干潟のゴカイなどを採食する。最近は越冬する個体も少数ながらあり、多摩川や相模川、三浦半島の干潟などで観察されている。秋の渡りでは幼鳥の群れを見ることが多い。また夏羽から冬羽に換羽中の個体を見ることも多い。神奈川県では水田の乾田化や宅地開発による休耕田や水田の減少、9月半ばで水の供給が遮断されてしまう水田の変化による影響があるとして、非繁殖・減少種に区分された。


神奈川支部HPへ