解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2013年7月29日月曜日

ブッポウソウ Eurystomus orientails





 夏鳥として本州以南に渡来し、低山のスギなどのある混交林や落葉広葉樹林に生息する。本県では5月中旬から9月まで観察されているが、局地的であり、主に県北部に限られている。
 樹の洞や建造物の隙間、巣箱などに営巣する。橋桁に繁殖した県北の記録は2002年以降途絶えている。
1990年代から観察記録も減少しており、県内の繁殖記録も途絶えている。繁殖期・絶滅危惧種Ⅰ類に区分された。


神奈川支部HPへ