解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2013年6月28日金曜日

カッコウ Cuculus canorus

 


 夏鳥として平地や山地の森林に渡来する。本県では5月から7月に囀りがよく聞かれている。ホオジロ、モズ、オオヨシキリに托卵するが、本県では相模原市でオナガに托卵した記録がある。雄はカッコウ、カッコウとよく響く声で鳴く。ガの幼虫を食べるが、観察例は少ない。神奈川県では生息数の減少がみられ、繁殖状況は托卵相手の状況に左右されるため、繁殖基盤が脆弱であるとして、繁殖期・絶滅危惧Ⅱ類に区分された。
(日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥2001-05より)

神奈川支部HPへ