解説


 神奈川県内で記録されている鳥と、主にその生息状況について解説しています。
解説文は、日本野鳥の会神奈川支部編 神奈川の鳥の文章を基にしています。




2013年4月26日金曜日

カワラヒワ Carduelis sinica



 スズメ大でオリーブ褐色の鳥で、メスは少し淡い。尾は凹尾で、飛ぶと翼に幅の広い黄帯が目立つ。嘴は肉色で太くて短い。本県では、四季を通して平地から丘陵地にかけて普通に見られ、繁殖もしている。川原や農耕地、林、樹木の多い公園で、10羽前後の群れでいることが多い。地鳴きはキリリコロコロやコロコロと鳴き、繁殖期には樹の梢や電線でキリキリコロコロ、ジュイーンと囀る。川原や草地に生えるオオブタクサの実や他の草の実、ヒマワリの種、アキニレ、ケヤキなどの樹の実を食べる。
 神奈川県内では繁殖期において農耕地や川原の減少により都市部近郊において減少傾向にある。
(日本野鳥の会神奈川支部編 20世紀神奈川の鳥、神奈川の鳥2001-05より)


神奈川支部HPへ